格安SIMを使ってみた感想

格安SIMを知ったきっかけは、バイト先で格安SIMを利用している人におすすめされ、そこから調べて利用してみようというきっかけです。CMやネット広告で見かけることがありましたが、詳しく知ろうとは思いませんでした。安く利用するにはそれなりのリスクがあり、難しそうということが大きな理由でした。そして改めて検索などで調べました。しっかり決断するには実店舗できちんと専門の方の説明を聞いて決めようと思い、格安SIMを取り扱っているという最寄駅のお店に出向きました。やはり店舗では店員さんがネットや口頭上の使用者からの感想からは得られなかったことがよく理解できました。不安を持っている方は、専門の店員さんに一度聞くことは大きな進歩になると思います。あまりスマホの知識はなく、専門的な用語や機能はわかりませんが、まず格安SIMは本来のキャリアのメールは使えなくなる、ということです。まだ使用して日が浅くサポート等を利用していませんがさほど大きな問題なく使用できています。少なくとも、損をしたとは思いません。そして何より携帯料金が格段に下がるのはなんといっても魅力的だと思います。このまま、格安SIMに不満が見当たらない限り、ずっと使い続けていきたいと思いました。

格安SIMを半年使ってみた感想

2年ほど前から格安スマホに乗り換え、不満なく利用しています。
以前は大手携帯メーカーのものを使用していたのですが、本体価格と月額の安さを魅力的に感じて乗り換えました。
格安スマホというと、電波がつながりにくいというマイナスイメージがあると思いますが、
私が使っている会社もそうなのですが、大手携帯会社のアンテナ基地局を利用している場合が多く、
今まで電波状況に不満を感じたことはありません。
格安スマホの大きな魅力はなんといっても月額の安さで、
乗り換える前のスマホではだいたい月額10,000円程度の携帯代だったのですが、
現在はそれが3,000円前後になり、経済的にかなり助かっています。
固定料金が2,000円前後、プラス通話料金で1,000円程度の内訳なので、
通話の少ない方だともっと安く抑えられるかと思います。
格安スマホだと、速度制限が気になる方が多いかと思いますが、
自宅のパソコンで利用しているWiFi環境があるため、
速度制限がかかったことは今まで1度もありません。
また昨今はWiFi環境が増えているため、自宅にパソコンがない、WiFi環境がない方でも
格安スマホはかなりお得な選択だと思います。
最近ではiPhoneが格安スマホとして契約できる会社もあるため、
これからもっとシェアを伸ばしていくのではないかと思います。

格安SIMを半年使ってみた感想

格安SIMに乗り換えてから約半年になりましたので使い勝手や所感を紹介したいと思います。

【使っている格安SIM】
現在使っているのはmineoのSIMです。
デュアルプラン(通話付き)で通信容量は3Gのプランにしています。

【普段の使い方】
外出時はGoogle mapやネットでの調べ物、SNSが主な用途です。
自宅にはwifi環境がありますのでアプリのアップデートやたまに動画を見る場合は自宅で済ませています。

【使い勝手】
キャリアから格安SIMの乗り換えて困ったことは今のところありません。
使い勝手が変わった点といえば、通信量に3Gの制限があるので普段は通信速度制限をかけるmineoスイッチをONにしています。
mineoスイッチをONにしておくと通信速度は遅くなりますが通信量はカウントされません。
通信速度制限中は若干遅く感じますが、SNSやちょっとしたネットの調べ物であれば問題ありません。
Google mapはさすがに無理なので、使用時のみ制限を解除しています。
mineoスイッチについてはアプリで管理できますので、ON/OFFは簡単に行うことができます。

【通信速度】
正午あたりの昼休み時間は通信速度が遅くなるとの噂ですが、常に通信速度制限をかけているため体感したことがありません。

【通信容量】
通信速度制限を普段からかけているので3Gを越す月はありません。
それどころか1Gも使っていません。

【所感まとめ】
特に問題なく使えており料金も安く満足しています。
私のようなライトユーザーであれば、格安SIMは最適だと思います。
外出先で動画を見たり、Google mapをカーナビ代わりに長時間使用する方はキャリアや容量の大きいプランにする必要があると思いますので注意が必要です。

複数のSIMを契約できる格安SIMなら無駄がない

大手携帯電話会社のスマートフォンを利用していると、大容量のデータ通信契約と通話定額プランがセット契約されており、月額料金が7000円以上になってしまいがちです。タブレット端末を購入すると更に月6000円が追加されて、通信費だけで家計を大幅に悪化することになってしまいます。格安SIMの中には、複数SIMを1契約で利用可能なプランがあるので、スマートフォンをガラケーに戻して、余ったスマートフォンとタブレット端末にデータ通信専用SIMを3枚発行出来るプランで使ってみることにしました。月3000円で10GB利用可能なプランにしたので、音声通話契約は付けませんでした。格安SIMをデータ通信専用契約で1枚だけ契約すると、スマートフォンとタブレット端末にSIMカードを差し替える必要がありますが、複数SIMプランならば合計通信容量が契約の範囲内ならば、スマートフォンとタブレット端末両方に格安SIMを挿しておけるので便利です。余ったデータ通信容量を翌月に繰り越せる会社の格安SIMを契約すれば、更に契約容量を余らせる心配が少なくなり経済的です。ガラケーを通話定額プランのみとして月3000円以内で抑えることが出来たので、格安SIMの料金3000円を加えても6000円以内で抑えられて良かったです。

賢く使うMVNO=格安データ通信 ブランド紹介

皆さんの一ヶ月の携帯基本料金はいくらでしょうか?

大手通信キャリア「ドコモ・au・ソフトバンク」なら最安プランでも5000~6000円位するのではないでしょうか。

昔ながらの折りたたみ携帯電話の人なんて、昔のままのプランだと7000円なり1万円なりしてるのではないでしょうか?

2年縛りの更新月近くに機種変更の知らせなどが届くものの、結局そのままのプランなんて人も多いのではないでしょうか。

大手通信キャリアだと、最安プランだとデータ通信量が最大で3ギガくらいとかで、外で動画もネットも思う様に楽しめない!なんてことがしばしばあると思います。

最近では大手キャリアもデータ通信プランを充実させてきてますが、それでも料金を見るとやっぱり「高い」。使うかどうか分からないのにデータ通信だけで5000円とか掛かるのはちょっと躊躇してしまいますね。

なにかと悩ましい大手キャリアの携帯契約ですが、最近では格安データ通信という選択肢も選べるようになりました。

格安データ通信は大手キャリアから通信回線を業務借りをして、消費者に大手キャリアがやってない料金プランを提供するサービスを展開している事業者のことです。MVNO=仮想移動体通信事業者と呼ばれています。実際に通信設備を持っていないことから「仮想=ヴァーチャル」と付いています。

MVNOはここ2年ほどで様々な事業者が参入、大手キャリアがやっていないような魅力的なプランが目白押しです。
MVNO事業者は、元々インターネット固定回線事業を手がけていた通信事業大手の会社から、まったく畑違いの業種からの参入まで様々です。

元々通信事業を手がけていたブランドとして、NECが始めた「ビッグローブ」・ソニーの「ソネット」・ニフティ・OCNなど。

当初よりMVNO事業者として初期から展開しているブランドとして、IIJmio・DTI・b-mobile近年異業種からの参入ブランドとして、楽天モバイル・イオンモバイル・DMM・ヨドバシのワイヤレスゲート変り種として無料通話・無料メールアプリのLINEが「LINEモバイル」を事業開始しました。

各事業者は大手キャリアにはない様々なプランを用意しており、MNPによる乗り換えにも対応しているブランドもあり、賢く選択すると一ヶ月の携帯基本料金が安くなり場合があります。