賢く使うMVNO=格安データ通信 ブランド紹介

皆さんの一ヶ月の携帯基本料金はいくらでしょうか?

大手通信キャリア「ドコモ・au・ソフトバンク」なら最安プランでも5000~6000円位するのではないでしょうか。

昔ながらの折りたたみ携帯電話の人なんて、昔のままのプランだと7000円なり1万円なりしてるのではないでしょうか?

2年縛りの更新月近くに機種変更の知らせなどが届くものの、結局そのままのプランなんて人も多いのではないでしょうか。

大手通信キャリアだと、最安プランだとデータ通信量が最大で3ギガくらいとかで、外で動画もネットも思う様に楽しめない!なんてことがしばしばあると思います。

最近では大手キャリアもデータ通信プランを充実させてきてますが、それでも料金を見るとやっぱり「高い」。使うかどうか分からないのにデータ通信だけで5000円とか掛かるのはちょっと躊躇してしまいますね。

なにかと悩ましい大手キャリアの携帯契約ですが、最近では格安データ通信という選択肢も選べるようになりました。

格安データ通信は大手キャリアから通信回線を業務借りをして、消費者に大手キャリアがやってない料金プランを提供するサービスを展開している事業者のことです。MVNO=仮想移動体通信事業者と呼ばれています。実際に通信設備を持っていないことから「仮想=ヴァーチャル」と付いています。

MVNOはここ2年ほどで様々な事業者が参入、大手キャリアがやっていないような魅力的なプランが目白押しです。
MVNO事業者は、元々インターネット固定回線事業を手がけていた通信事業大手の会社から、まったく畑違いの業種からの参入まで様々です。

元々通信事業を手がけていたブランドとして、NECが始めた「ビッグローブ」・ソニーの「ソネット」・ニフティ・OCNなど。

当初よりMVNO事業者として初期から展開しているブランドとして、IIJmio・DTI・b-mobile近年異業種からの参入ブランドとして、楽天モバイル・イオンモバイル・DMM・ヨドバシのワイヤレスゲート変り種として無料通話・無料メールアプリのLINEが「LINEモバイル」を事業開始しました。

各事業者は大手キャリアにはない様々なプランを用意しており、MNPによる乗り換えにも対応しているブランドもあり、賢く選択すると一ヶ月の携帯基本料金が安くなり場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA