複数のSIMを契約できる格安SIMなら無駄がない

大手携帯電話会社のスマートフォンを利用していると、大容量のデータ通信契約と通話定額プランがセット契約されており、月額料金が7000円以上になってしまいがちです。タブレット端末を購入すると更に月6000円が追加されて、通信費だけで家計を大幅に悪化することになってしまいます。格安SIMの中には、複数SIMを1契約で利用可能なプランがあるので、スマートフォンをガラケーに戻して、余ったスマートフォンとタブレット端末にデータ通信専用SIMを3枚発行出来るプランで使ってみることにしました。月3000円で10GB利用可能なプランにしたので、音声通話契約は付けませんでした。格安SIMをデータ通信専用契約で1枚だけ契約すると、スマートフォンとタブレット端末にSIMカードを差し替える必要がありますが、複数SIMプランならば合計通信容量が契約の範囲内ならば、スマートフォンとタブレット端末両方に格安SIMを挿しておけるので便利です。余ったデータ通信容量を翌月に繰り越せる会社の格安SIMを契約すれば、更に契約容量を余らせる心配が少なくなり経済的です。ガラケーを通話定額プランのみとして月3000円以内で抑えることが出来たので、格安SIMの料金3000円を加えても6000円以内で抑えられて良かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA